治安の問題や注意点と住まい

最後の住まいは南国希望です 日本は世界有数の治安が良い国ということですが、海外の観光客も治安が良いということで日本に行きたいという話もあります。観光客が安心して観光を楽しめる国はシンガポールと日本だそうです。インターネットの動画などでも日本の治安の良さとモラルの高さを称賛していました。しかし、実際に日本に住んでみると犯罪もあり、危険もあるということで、住まいを選ぶ場合でも、その点を気をつける必要があります。自然災害も気をつける必要がありますが、セキュリティ対策も住まいでは必要になってきています。それは一軒家ばかりではなく、マンションのような集合住宅の住まいでも危険な場合もあります。状況によって密室のような状態になることもあるからです。エレベーターの中や誰もいない共有部分の通路、駐車場などもです。

住まいのセキュリティ対策としては抑止力としての対策と実際の対策があります。抑止力としてはシステムが厳重で捕まりやすいという印象を与えることができれば、誰もそんなところであえて犯罪を犯しません。例えば警備会社が巡回するとか防犯カメラがたくさんあるとかなどです。警備員が常駐しているという場合も安心できます。また、映像が映るインターホンなどがあれば、ますます安全に対応ができます。それらのセキュリティ対策も考えて住まいを選ぶ必要があります。