住まいの選び方と自然災害

最後の住まいは南国希望です 最近の住まいの話題では地震の話題がいちばん大きな話題でした。熊本の震災ですが、大きな地震や震災があるたびに住まいの耐震性能の話題になります。地震の大きさに耐えられるかどうかということもありますが、今回の熊本の震災では、大きな地震が二度も起こり、一度の目の地震では耐えられても二度目の地震で大きな損害を受けたという事実がありました。住まいを考える時には、大きな地震や津波、土砂崩れなども調べてマイホームを購入するなり賃貸で探すなりしないといけないということも考えなければなりません。日本は海岸線が長いので津波の心配もあります。都市の発展では、大きな川などの河口や海岸線の住めるところに都市ができる傾向があります。

そうなると、津波の被害も地震とともに考える必要があります。また、山が多い日本ですので、山の近くに住んでいる場合には土砂崩れが心配になります。そのほか火山噴火などもあります。住まいを選ぶ場合には、それらの可能性も考えて購入するなり賃貸を探すなりする必要もあります。そして耐震性能や免震性能などの確認も重要になります。手抜き工事をされていては、大きな地震だと命の危険があります。住まいを探すだけでも日本では色々考えなければなりません。