ライフスタイルと住まいの取得と賃貸

最後の住まいは南国希望です マイホームを取得する人がすべてではなく、ライフスタイルということでマイホームを取得できる条件がそろっていても賃貸で生活をする人もいます。あくまでもライフスタイルということですが、理由としては一ヶ所に住み続けることが性分に合わないという人たちがいます。すぐに飽きてきてしまい、引越しを繰り返す場合です。中には一度マイホームを購入したのに、あえて売却をして賃貸に戻った人たちまでいます。引越しを繰り返して色々な住まいに住みたいということですが、これはもう住まいの道楽化で、引越しが趣味になっているということになります。ライフスタイルの違いですが、人生を楽しむということでは、そんな楽しみ方もできるということになります。

経済的な面から考えてみると、マイホームの取得での住宅ローンの金利分を賃貸では支払わなくてすみますし、引越しでもレベルを下げたり上げたりもできるので、色々な住まいに住み、柔軟に活用もできます。その点マイホームでは色々な意味で固定化されます。賃貸ではその分計画的に貯蓄をしたり資産運用で増やしたりする必要があります。住宅ローンを支払い続けても最後には住まいが残ります。しかし、賃貸の場合には何も残らないので、その分を貯蓄や資産運用で残しておく必要があります。