資産運用と住まいの取得と機会損失

最後の住まいは南国希望です 住まいの考え方は、日本の社会の情勢の変化で同じように変化しています。日本の経済が良くなればマイホームを取得したいという人も増えていきます。反対に経済が悪くなれば、マイホームを取得する余裕がある人が少なくなるのでマイホームを取得する人も少なくなります。他にも将来の不安がある人たちが無理をしてマイホームを購入するはずもないということからも、日本人の懐が豊かかどうかや将来に不安があるかどうかでも変わってきます。現状ではアベノミクスの経済政策の先が怪しくなってきていたり、世界的な低金利などや日本の少子高齢化などでマイホームを取得するよりも、貯蓄をしておきたいという考え方に変化してきているようです。

マイナス金利で預金をしても金利もごくわずかということや、住宅ローンを借りるのにもマイナス金利で非常に有利な状態になっていますが、それでもマイホームの購入に躊躇する人は多そうです。また、資産運用ということでも、マイホームを取得すると資金が固定されます。そうなるともし投資をして大きな利益が得られる状況になったとしても手を出すことができず機会損失になります。20年とか30年ですから、その点も考えてしまうということになります。