住まいの管理と一戸建てとマンション

最後の住まいは南国希望です 住まいをマイホームとして購入する場合には、一戸建てとマンションとどちらが有利かという話題もよくあります。その場合には資産価値や満足感、そして管理の問題が中心になります。マイホームを購入する場合には、通勤圏内ということで都市部で働いている人が多いので、庭付きの一戸建ては難しい場合がほとんどです。それでたいがいは新築分譲マンションを購入するということになります。中古マンションの場合もありますが、どちらにしてもマンションという選択肢になります。通勤圏内という条件以外でも、管理ということで新築分譲マンションを購入する場合もあります。一戸建ての場合には、管理をすべて自分たちでしなければなりません。

しかし、新築分譲マンションは、共有部分を管理組合に任せることができます。あとは室内の管理だけですので、管理面が非常に楽になります。一戸建ての場合には、庭が広いと管理も大変になります。住まい自体の管理も大変ですが庭の管理も必要になります。毎年、毎日管理をするということでは、それを人件費に直すと相当の費用になります。管理をする時間や労力が住んでいる年月だけ必要になります。ですのでマンションの方がメリットが多いという考え方もあります。