住まいを選ぶ環境の確認

最後の住まいは南国希望です 住まいを選ぶ場合には気をつけたいこともいくつかあります。今まで色々な住まいに住んでいた経験があります。その中で嫌な体験をしたことがある場合には、その体験をしないような住まいを選ぶ必要があります。本来は住まいには色々なデメリットがありますが、その中で印象に残っているのが自分が嫌だった体験です。例えば騒音などの場合には、音の関係が自分の注意すべき条件になります。隣人がうるさい場合や建物の構造上音がうるさいなどです。それは建物内だけではなく周りの環境からも騒音があると我慢できないということになります。建物内では夜中の排水の音とかエレベーターの音、子供の走る音や隣人や上の階の騒音などです。

外部の環境としては夜中のコンビニなどや24時間スーパーなどの音、道路の近くでは車の騒音、学校の近くでは通学の時の騒がしい音などいろいろありますが、それらも住んでからでは変えようがありません。また倉庫などや工場なども騒音や臭いなどを調べておく必要があります。そのほかではネオンなどの明かりも夜の安眠の邪魔になったりします。プライバシーの点からは、周りの建物の窓から覗かれる心配などです。外部からの侵入などもできるかどうか確認します。