最後の住まいは南国希望です

最後の住まいは南国希望です 人生の最後の住まいのことを考えたことがありますか。今住んでいるお家で最後を迎えたいですか。わたしはまだ35歳ですが、ときどき人生の最後をどこで迎えたいか考えます。「まだ若いのにめずらしい人だね」と言われることもありますが、人生の先のことを何となく考えるのが好きなので、ときどき夫と最後の住まいのことも話します。

まだ具体的なプランがあるわけではないですが、漠然とした希望はあります。今北海道に住んでいるので、晩年は九州や沖縄などの南国で暮らしたいなという気持ちはあります。もちろん北海道は大好きです。だから、晩年を迎えるまではまだまだずっと住み続けたいです。でも冬の厳しさを知っているので、歳をとったら南国に移住したいです。あたたかい地方でのんびりとした生活をしながら、夫婦でゆっくり暮らしたいなとおもいます。できれば、平屋を借りて、小さな庭で野菜を育てたりして、自然と共に暮らしていけたらいいなとおもいます。晩年を理想通りに過ごすには、やはりいつまでも健康でいなければなりません。夫婦お互いが元気でないと実現しない夢の南国住まいなので、今から健康には十分気を付けて過ごしていかなければいけませんよね。